あなたに寄り添う テックメディア

レポート

Today at Apple「ワークショップ モンストの10周年を記念してiPadで人気キャラクターを変身させよう」レポート

※記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります


Applemonst 01

全国のApple Storeで毎日行われている無料セッションToday at Apple。ガジェタッチでは今まで何度かセッションを取材しているが、今回は10月12日にApple丸の内で行われた「ワークショップ:モンストの10周年を記念してiPadで人気キャラクターを変身させよう」を取材することができた。

Applemonst 02
(MIXI デザイナー 鈴木景子さん)

セッションのタイトルにもあるように、今回はMIXIが提供する人気ゲーム”モンスト”こと「モンスターストライク」とのコラボで実現。キャラクターデザインも担当するデザイナーの鈴木景子さんが登壇し、モンストの10年の記憶とキャラクターデザインに込める想いを語ってくれた。

Applemonst 04

モンストに登場するキャラクターを描く際に、世界観、キャラクター設定、見た目、と同様に必ずストーリーというものが入ってくる。その中で、敵となるキャラクターは孤独や断絶といったコミュニュケーションを否定するストーリーが描かれ、一方味方のキャラクターはコミュニケーションを肯定する、友情や絆といったことがストーリーとして描かれている。

これは、MIXIのパーパス(企業の存在意義)「豊かなコミュニケーションを広げ、世界を幸せな驚きで包む。」とミッション(何をすべきか)『「心もつながる」場と機会の創造』に基づいており、モンストもコミュニケーションの肯定と心のつながりをメッセージとして届けたいと考えているそうだ。

ちなみに、ルシファーのキャラデザインには1年ほどの時間がかけられているそう。もちろん全てのキャラクターに年単位の時間がかけられているわけではないが、キャラに込める想いやその過程は非常に緻密なものをが感じられる。

セッションの後半では、モンストの人気キャラクターのオラゴンに10年の記憶を載せて描いてみるというワークショップが行われた。

Applemonst 06
鈴木さんが例として描いたオラゴン

あらかじめ参加者に渡されていたiPadには、イラストアプリProcreateが入っていて、その中にオラゴンの5種類のイラストが用意されていた。

ここから一つを選び、参加者が体験したここ10年で印象に残っていること、人に語ってみたいほど熱くなったことを思い出してオラゴンに載せて描くという形だ。

ここで鈴木さんからモンストらしい絵を描くテクニックとして

  • 伝えたいことはひとつに絞る
  • リアルに書くよりデフォルメを効かせて、キャラクターの要素を際立たせる
  • 画面の中に全ての要素を収める

という3つのアドバイスがあった。10年の記憶ということでたくさんのことを詰め込みたくなってしまうが、描く時間も短時間ということもあり、ひとつに絞ることで完成度が上がっていくようだ。

Applemonst 08
Applemonst 07

このセッションでは、Procreateの操作方法はもちろんのこと、絵を描く前には隣の人とペアとなり、お互いにまず10年を振り返るという時間も設けられた。話して整理することで、オラゴンに何を載せるかというのがだんだんと明確になるというような仕掛けも用意されていた。

Applemonst 09

最後は、参加者の描いたオラゴンをディスプレイに表示しての発表会。サウナハットを被ったオラゴンやルシファー風のオラゴンなど、参加者それぞれの10年が詰まった特徴のあるオラゴンが誕生していた。

Applemonst 10
(弓月ひろみが描いたiPhoneを持ったオラゴン)

ここで参加者にサプライズ。なんと自分で描いたオラゴンが、スーパーレアとして表示されるフレームが用意されていて、自分のキャラクターを配置して画像として持って帰ることができるようになっていた。これはまさにスーパーレアな体験だ。

App Storeは今年15周年。その中で国内ゲーム市場でメガヒットを記録したモンスト。今回のセッションにも多くのファンの人が参加されていたのが印象的だった。長く愛されるゲーム、そしてキャラクターデザインの裏側を垣間見ることができたのはかなり貴重な体験で、ゲームを通じてのコミュニケーションの肯定、心のつながりというメッセージ性はとても共感を覚えた。

なお、モンストは10周年の記念イベントを絶賛開催中!10年前からあるゲームではあるが、初めてやる人でもちゃんと遊べるようになっているとのことなので、安心してプレイしてみてほしい。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リンクマン

リンクマン

コンテンツクリエイター

2011年よりiPhone、MacなどApple周りを中心にあなたの欲しい・知りたいを"つなげる"ブログとして、ウェブサイト「Linkman」を立ち上げる。Linkmanでは、主観抜き、報道スタイルの記事制作がモットーだが、違ったアプローチもしてみたくなり新しいチャレンジとして「Gadgetouch」を始める。そのほかにも、動画配信サービスの立ち上げ、アイドル番組などの制作・配信現場を経験。動画や音楽、機材を中心としたフリーランスの何でも屋として活動しながら、ただひたすらに浦和レッズを愛する、東京出身の元・サッカー少年。

  1. Today at Appleの新セッション「あなたのビジネスのために」:Apple福岡でNO COFFEEの成長の秘訣を聞いてきた

  2. Apple、日本で「iPhoneのタッチ決済」の提供を開始、実際の導入店舗で体験してみた

  3. 圧巻のパフォーマンス!Seiren Musical Projectが登場、Today at Apple「スポットライト:Macで実現!学生最高のミュージカル制作」レポート

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP