あなたに寄り添う テックメディア

Apple

ジョブズが作ったApple銀座、18年9ヶ月の歴史に幕。改装前の閉店リポート

Appleginzaclose 01

2003年11月30日、アメリカ以外では初のApple StoreとしてオープンしたApple銀座が入居ビル建て替えのため、2022年8月28日(日)をもって一時閉店となった。

8月30日(火)からは銀座8丁目の「HULIC &New GINZA 8」での営業がはじまり、数年後にはこの場所に新店舗が戻ってくる予定だが、約19年慣れ親しんだ、この建物とはお別れになる。今回は、その閉店の模様をリポートする。

Appleginzaclose 04
2Fは一部が吹き抜けになっている特徴的なデザイン

到着した19:45頃、営業はすでに1Fと2Fのみで、3Fのシアターと4Fのフロアに上がることはできなかった。2Fも20:00を少し過ぎると、早々にクローズし、最後は1Fのみでの営業となった。

Appleginzaclose 02

Apple銀座といえば、店舗奥にある2基のエレベーターが印象的だ。ガラス張りでボタンがなく、Appleのロゴが奥に光っていて、かなりカッコいい。ここがもう使えなくなると思うと、やはり寂しさを感じる。

Appleginzaclose 06

閉店が近づくにつれ、スタッフの数がどんどん増えていく。中には、以前この店舗で働いてた人もいたようだ。最後の時を見届けるために来たのだろう。

Appleginzaclose 05

閉店時刻の21:00。最後はスタッフ全員が店の前に並び「18年と9ヶ月、ありがとうございました。30日から銀座8丁目でお会いしましょう」と笑顔で挨拶。歩道で見ていた人から大きな拍手が送られた。

Appleginzaclose 09

Appleのロゴも消灯。まだiPhoneも発売されていない18年9ヶ月前に、銀座のど真ん中に現れたApple Storeは一つの役割を終え、一時閉店となった。

Appleginzaclose 07

閉店後すぐ、屋上にあるAppleロゴの取り外しの準備と、店舗の片付けが進められていた。

Appleginzaclose 08

8月30日(火)からは銀座8丁目にある「HULIC &New GINZA 8」での営業がはじまる。今度銀座3丁目に戻るのは、おそらく2025年頃になるだろう。

数多くの人が熱狂したiPhoneの発売日、iPad登場の際など、徹夜でApple銀座の前に並んだという人も少なくないだろう。

2003年当時、コンピューターのメーカーであるAppleの直営店が、ファッションのハイブランドと銀座で肩を並べたことは驚くべきことだった。

18年9ヶ月経った今、その一時閉店を惜しむ人は多い。銀座という街にAppleが根付き、あって当たり前という存在の店へと変化していった感じられた、閉店セレモニーだった。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リンクマン

リンクマン

ブロガー

2011年よりiPhone、MacなどApple周りを中心にあなたの欲しい・知りたいを"つなげる"ブログとして、ウェブサイト「Linkman」を立ち上げる。Linkmanでは、主観抜き、報道スタイルの記事制作がモットーだが、違ったアプローチもしてみたくなり新しいチャレンジとして「Gadgetouch」を始める。そのほかにも、動画配信サービスの立ち上げ、アイドル番組などの制作・配信現場を経験。動画や音楽、機材を中心としたフリーランスの何でも屋として活動しながら、ただひたすらに浦和レッズを愛する、東京出身の元・サッカー少年。

  1. 【Podcast】#134:Apple Watch Series 8使用感レビュー、SEは買い?watchOS新機能にも注目

  2. 【Podcast】#133:先行レビュー解禁!ジャーナリスト勢揃いのiPhone 14&iPhone 14 Proレビューのお話

  3. 新型iPhone発売、Apple 表参道は長蛇の列!iPhone 14&iPhone 14 Pro、Apple Watch Series 8/SEを展示

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP