あなたに寄り添う テックメディア

Mobility

【CES2023】ソニー・ホンダモビリティ、新EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」のプロトタイプを公開

Afeela

ソニー・ホンダモビリティは、ラスベガスで開催中のCES 2023で新ブランド「AFEELA(アフィーラ)」のプロトタイプを公開した。

Afeela03

「AFEELA」は特定条件下での自動運転機能、レベル 3搭載を目指すと同時に、市街地等、より広い運転条件下での運転支援機能、レベル 2+の開発にも取り組む。

フロント部分には、外側とのコミュニケーションを取るための新しいアイデア「Media Bar」を搭載。今後パートナー、クリエイターとこの部分の有効活用について話し合っていくことを明らかにした。

Afeela02

「AFEELA」は45個のカメラやセンサーを車内外に搭載し、室内のインキャビンカメラやToFセンサーにより、ドライバーの運転状況や走行状態をモニタリングする。

Afeela04

最大800TOPSの演算性能を持つハードウェアにQualcommのSnapdragon Digital ChassisのSoCを採用予定で、Qualcommとは世代のモビリティ体験の実現に向けて、戦略的な技術パートナーシップを築いていく。プレスカンファレンスにはQualcommのクリスチアーノ・アモンCEOも登壇した。

また、安心安全な上に車内でのエンターテイメント体験も重要視。映画の視聴などに加えエピックゲームスと協業し、モビリティにおける新しい価値観やコンセプトの検討を開始しているとのこと。

Afeela05

なお、「AFEELA」は、2025年前半に受注を開始。同年中に発売を予定し、デリバリーは2026年春に北米から開始される。

日本での登場も楽しみだが、ソニーとホンダが目指すエンターテイメントも含めた電気自動車の今後にはかなり期待が持てそうだ。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リンクマン

リンクマン

ブロガー

2011年よりiPhone、MacなどApple周りを中心にあなたの欲しい・知りたいを"つなげる"ブログとして、ウェブサイト「Linkman」を立ち上げる。Linkmanでは、主観抜き、報道スタイルの記事制作がモットーだが、違ったアプローチもしてみたくなり新しいチャレンジとして「Gadgetouch」を始める。そのほかにも、動画配信サービスの立ち上げ、アイドル番組などの制作・配信現場を経験。動画や音楽、機材を中心としたフリーランスの何でも屋として活動しながら、ただひたすらに浦和レッズを愛する、東京出身の元・サッカー少年。

  1. 最高のマイクを探せ!SHURE MV7レビュー マイクに声がのらないリンクマンとフリーアナウンサーでもある弓月ひろみのマイク探し旅

  2. あなたのiPhoneのプライバシー設定はどうなってる?Today at Apple「スキル:iPhone上でのプライバシーを自己管理する」取材リポート

  3. 【Podcast】#150:今年早くも買ったもの、買い替えたいガジェットや家電ありませんか?

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP