あなたに寄り添う テックメディア

新製品

SteelSeries、初のゲーミングスピーカー「Arena」シリーズを発表、業界初5.1chサラウンドシステム搭載モデルも登場

Arena

SteelSeriesは1月26日、新製品発表イベントを行い、登壇したSteelSeries ApSジャパンカントリーマネージャー石井靖人氏が、同社初のゲーミングスピーカー「Arena」シリーズを3月10日から発売すると発表した。

「Arena」シリーズの特徴

今回発表された「Arena」シリーズは、 4インチドライバーを搭載するフルレンジスピーカー「Arena 3」、サブウーファー付き2.1chサラウンドゲーミングスピーカー「Arena 7」、5.1chサラウンド搭載の「Arena 9」の3モデル。

全てのモデルで有線による接続だけでなく、Bluetoothでも接続可能。また、同社の独自ソフトウェア「SONAR」に対応していて、豊富なプリセットからゲームに合った音質を実現できるだけでなく、パラメトリックEQで自分の好みに音をカスタマイズすることも可能だ。

フルレンジスピーカー「Arena 3」

Arena3

「Arena 3」は、限られたスペースで臨場感あふれるサウンドを実現した4インチドライバー搭載のフルレンジスピーカー。可変可能なスピーカースタンドにより、ベストなリスニングポジションを設定できる。

2.1chサラウンドゲーミングスピーカー「Arena 7」

Arena7

「Arena 7」は、パワフルな低音を響かせるサブウーファー付き2.1chサラウンドゲーミングスピーカー。4インチドライバーと、高音域に特化したツイーター の2Wayスピーカーが連携してダイナミックかつ繊細な音を再現している。

Arena7 haimen

さらに、画面上のアクションや音楽に反応する1,680万色のRGBイルミネーションを搭載している。

Arena7 color

このイルミネーションについてはソフトウェアから好みの色にカスタマイズすることもできる。

Arena7 woo

6.5インチダウンファイアリングサブウーファーにより、低音域を正確かつ迫力のあるサウンドを表現。接続端子も豊富に用意されていて、USB-C、3.5mmオーディオジャック、オーディオ用光デジタルケーブル入出力が可能。

5.1chサラウンド搭載「Arena 9」

Arena9

「Arena 9」は「Arena 7」の全ての機能を網羅しつつ、さらに5.1chサラウンド搭載したフラッグシップモデル。

4インチドライバーを搭載したスピーカー4基、センターチャネルスピーカーに加え、ダウンファイアリングサブウーファーの組み合わせで、360度オーディオを実現。

Arena9 oled

また、OLEDコントロールポッドが付属していて、直接画面上で様々な設定をすることができる。

参考価格は「Arena 3」が19,980円、「Arena 7」が43,970円、「Arena 9」が80,270円とのこと。

Steelculture

また、今回の新製品発表イベントでは今後のSteelSeriesとしての展開として、別領域のカルチャーと融合し、新たなゲーム文化を創出し、シーンを盛り上げていく取り組みをしていくと明らかにした。

実際に今回のイベントは、渋谷ホットドッグカフェで行われ、ゲーム×音楽のカルチャーの融合するというテーマでDJアフターパーティーなどが行われた。

Steelcoupon

なお、今回の発表に合わせ、1月31日までの期間限定でSteelSeriesの「ARCTIS NOVA PRO」などのヘッドフォンシリーズが対象となるAmazon10%オフクーポンが配布されている。対象商品をカートにいれ購入画面で「SSARENA」と入力すると10%オフになるので、欲しい方はぜひ活用してもらいたい。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ガジェタッチ編集部

あなたに寄り添う テックメディア・ガジェタッチ編集部です。 最新ニュースやお得な情報をお届けします。

  1. 【タイムセール祭り】ベルキン、全42製品を最大58%オフで販売中(2/5まで)

  2. Apple、2023年第1四半期(2022年10月〜12月期)の決算を発表

  3. 【タイムセール祭り】Anker、モバイルバッテリーやオーディオ、家電などが最大40%オフで販売中(2/5まで)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP