あなたに寄り添う テックメディア

NEWS

Anker、モバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000)」の自主回収を発表

※記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります


Ankerkaisyu

Anker Japanは、2022年11月17日から販売を開始したモバイルバッテリー「Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000)」 について、本製品固有の設計が起因し、製造過程において発生した不備が十分に確認されないまま出荷されていたことが判明。事故等の発生防止を第一に考え、自主回収すると発表した。

1.経緯
2023年1月、Ankerグループ本社より国外で本製品が発火する事象が数件発生した旨の報告が届き、Ankerグループのグローバル全体で販売を停止。報告時には既に原因究明に向けて調査を開始しており、設計上ならびに 製造過程の不備が見つかったため、Anker グループのグローバル全体での自主回収を決定
なお、日本での発生は現時点では0件

2.原因
製造過程において、温度検知をするための部品 (NTCサーミスタ) の接着剤が完全に硬化しきる前に本体の組み立てを行ってしまったため、電池セルと外装ケースの間にNTCサーミスタが挟まれてしまい、固定位置のずれが起こりえる状況が発生。他の弊社製品と異なり、NTCサーミスタの配置が背面のため、適切な位置からのずれが起こりやすく、目視での網羅的な検品が不十分であった一部個体において、内部短絡が起こりえる状態で出荷がなされた。

3. 現在までの対応状況
・本事象による発火は日本では発生していない。
・本製品固有の設計および製造過程の不備により発生した事象のため、他の弊社製品に再現性はない。
・お客様への影響拡大を防ぐため、本件を認知した時点で Anker グループのグローバル全体で本製品の製造お よび販売を停止。
・現在、委託先の製造工場の管理体制および社内での検品体制の更なる厳格化を迅速に進めている。

対象となる製品の型番は、ブラック:A1366011またはA1366N11、ホワイト:A1366021またはA1366N21、ブルー:A1366031、グリーン:A1366061、パープル;A13660V1。

対象製品を持っているユーザーは、下記の特設窓口から製品回収および返金の手続きができるようになっているので確認してほしい。なお、返金金額は公式販路での最も高い販売価格実績に基づき9,990円となる。

Anker 535 Power Bank (PowerCore 20000) 回収受付フォーム
電話受付:0120-567-845

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ガジェタッチ編集部

あなたに寄り添う テックメディア・ガジェタッチ編集部です。 最新ニュースやお得な情報をお届けします。

  1. カンパーニュ、スケルトンボディの3way+LEDライト付きモバイルバッテリーのクラファンを開始

  2. Apple、「WWDC24」を現地時間6月10日(日本時間6月11日)から開催すると発表

  3. Apple、バグを修正したMac向けに「macOS Sonoma 14.4.1」リリース

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP