Podcast

【ガジェタッチ ゲストLIVE】iMacどう?+Apple決算+フィル・シラーの話、あとフォートナイト問題も

投稿時間2020.08.18

こんにちはリンクマンです。8/14に行ったライブ配信「【ガジェタッチ ゲストLIVE】iMacどう?+Apple決算+フィル・シラーの話、あとフォートナイト問題も」についてまとめておきたいと思います。

まずはお詫びから…音声のボリュームが小さすぎました!内容は充実していたと思うのですが、お聴き苦しい環境になってしまいました。次回以降もっとセッティングには気を使おうとおもいます。大変申し訳ありませんでした。

【ガジェタッチ ゲストLIVE】iMacどう?+Apple決算+フィル・シラーの話、あとフォートナイト問題も

さて、まず本編はこちらから!

Appleの2020年第3四半期の決算について

最初に取り上げたのはAppleの2020年第3四半期の決算についてです。

前回の決算発表では今四半期の決算予測を発表しなかったので、新型コロナの影響を受けて業績の悪化が予想されていましたが、フタを開けてみれば全ての面で前年四半期を上回ると言う驚異的な数字をたたき出していました。

本編でも話題になっていましたが、日本でもかなり売上高が伸びていて、その要因として教育機関向けのギガスクール構想によるiPadの需要が大きかったのが売上高増に貢献したみたいです。その影響で生産がフル稼働にもかかわらず追いつかないようです。

また、好決算の背景として、新型コロナの影響による巣ごもり需要と言うのも見逃せないですね。

ちなみに決算発表の細かい数字はLinkmanのこちらの記事を参照してください。

新型27インチ「iMac」について

続いてピックアップしたのは、新型27インチiMacです。これは松村太郎さんがレビュー機を実際に使ってその印象を語ってくれました。

特にわかりやすい面として、FaceTime HDカメラが1080pに対応したことがあります。HDカメラと言っときながらなぜか780pまでしか対応してなかったのでこのアップデートは嬉しいですね。なお、松村太郎さんは今回の配信でその新しいiMacをつかっているので、明らかに今までと画質が変わっているかと思います。(肌ツヤのいい太郎さんがみれます)

さらに、オプションで追加できる「Nano-textureガラス」については、反射のしないディスプレイの優れたところ、反面ちょっとしたデメリットとしてクッキリさみたいなのは少し失われていると話していました。

また、実際にレビュー機をつかっている松村太郎さんに聞いたところ、小さい声で「欲しい」と言っていましたね。グラフィックやプロセッサ性能も含めパフォーマンスはかなり向上しているようです。

フィル・シラー氏、Apple Fellowに就任

3つ目のトピックとして、Appleのフィル・シラー氏がApple Fellowに昇格したことを取り上げています。

30年以上の長きにわたりAppleのマーケティング担当として勤めていたフィル・シラー氏が一線を退くと言う形になりました。本編ではDanboさんにフィル・シラー氏のエピソードなどを交えて、どんな人だったかも紹介してもらっています。

また、フィル・シラー氏の後任になるワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントとして任命されたのが、グレッグ・ジョスウィアック氏です。彼については松村太郎さんが製品ブリーフィングの時などに話を聞いていたそうで、どういった人物なのかについても話しています。

ライブの中でもDanboさんが言っていたのですが、フィル・シラー氏からグレッグ・ジョスウィアック氏に変わることで、今までのマーケティング手法がガラッと変わるようなので、ここにも今後注目していきたいですね。

フォートナイト問題

さて、当初の予定ではこの話題までが今回のテーマだったのですが、ライブ当日にEpic Gameの人気ゲーム「フォートナイト」がApp StoreとGoogle playから削除されたという大きなニュースがはいってきました。と言うわけで、この話題についても急遽取り上げることにしました。

このニュースの簡単な説明としては、エピックゲームが「フォートナイト」内に、独自の課金システムを導入し、App StoreのいわゆるApple税(30%)を回避するアップデートをサーバー側で行いました。それに対してAppleは、明確な規約違反だとしてApp Storeからフォートナイトを削除しました。

それに対してエピックゲーム側すぐに反応。

訴訟を起こすと同時に、Appleの象徴的なCMである「1984」のパロディーを作って抗議をしました。かなり事前に準備されていたもので、App Storeから削除されることも想定の範囲内だったと思われます。

記事公開時点でもいろいろな動きが出ているニュースですが、 App Storeの成り立ちから今に至るまでの歴史、30%という手数料が本当に高いのか、この辺をちょっと深掘りしてみました。

ちょっと泥沼化の様相を呈してきましたが、今後どこか落としどころとなるのか、それともAppleが強硬にフォートナイト。突き放すのかなど、様々な可能性があると思いますが、今後の動向をチェックしつつまた動きがあれば取り上げていきたいですね。

というわけで、ライブ自体も長かったですがこの記事も結構長くなってしまいましたね(笑)

Danboさんと松村太郎さんを迎えたライブ配信について、今後は月1ペース「ガジェタッチ定例会 #AppleTeirei(仮)」としてAppleの情報をまとめてお送りできればと思いますので、皆さんチャンネル登録もよろしくお願いします。

ちなみに、実はこの記事、初めて音声入力で書いてみました。まだ慣れていない面もあるので、なかなか言葉が出てこなかったりはしましたが、これが慣れるとかなりよさそうです。(弓月さんにずっと音声入力の魅力をかたられ、試せと言われていたのでね…やってみました)