あなたに寄り添う テックメディア

Apple

iPhoneのホーム画面がオシャレに変わる、iOS 16の新機能を試す。絵文字壁紙が可愛い!!【先行レビュー・パブリックベータ版】

iPhoneのロック画面、もっとオシャレにならないかな?

そう思っている人必見の機能が、この秋公開されます。

Ios16review 01

簡単に言えばiPhoneのロック画面やホーム画面のカスタマイズの自由度が上がり、デフォルトでかっこよくなるよ、ということ。これからは、ホーム画面の文字も、写真も、個性的にキメられそう。今日は、そのロック画面とホーム画面のカスタマイズについて、一足先に試してみたレビューをお届けします。

なお、この記事で説明する機能は、6月にアメリカのApple本社で発表された、開発者のためのカンファレンス、WWDC22で公開された「iOS」の新しいバージョン、iOS 16に搭載されているもの。現在、パブリックベータ版が配信されています。

※なお、このパプリックベータ版は、通常、公開・SNSへの投稿・記事化が禁止されていますが、今回は取材に基づく特別な許可を得て掲載しています。

パブリックベータですので、実際のリリース時には、内容が変更されたり、見た目が変わる場合があることもご承知おきください。

ロック画面を自由に設定! フォントも変更可能

さて、現在のiPhoneは、アプリやウィジェットを使って壁紙をカスタマイズできますが、設定がちょっと面倒。iOS 16では、それがめちゃくちゃ簡単に、しかもアプリなしで出来ちゃうんです。

Ios16review 02

ロック画面・ホーム画面の変更は、設定から…ではなく、画面を長押しすればOK。すぐにカスタマイズ画面に切り替わります。「カスタマイズ」を押すと、白い枠線の中が変更可能に。時計のフォント、色だけでなく、表示する数字をアラビア数字にするか、インド数字するかも選べます。

時計の下は、ウィジェットです。スケジュール、紫外線、世界時計、日の入り・日没、ニュースや株価が表示できます。Apple Watchを使っている人なら、ここに「フィットネス」のリングを表示させられるので、とっても便利。

Ios16review 03

選択可能な壁紙は、かなり豊富です。写真のところに、筆者である私の写真が自動的におすすめされていますが、どうやらこれは、「縦位置のポートレート」を優先して提案しているようです。(いくらなんでも自分の顔を壁紙にしたりしないですけど、iPhoneがバランスよく壁紙サイズに収めているのがわかります。

意外とコレがよかった。天気とアストロノミー

Ios16review 04

お気に入りは「天気とアストロノミー」のタブにある「天気」。自分の現在地にいる天気がロック画面に反映される形になっています。曇っていたらどんよりしたグレー、快晴なら青空、といった雰囲気。雨の日に開いてみたら、雨粒がダイナミックに動いていました。室内にいると、案外外の天気に気がつきにくい時があるので、自然を身近に感じられるのがいいですね。天気の画像を見るの好き、というマニアの方にもおすすめです。(私は結構好きな方です)

ちなみに一番右の画像を見るとわかるのですが、iOS 16から、通知が下側にポップアップされるようになりましたので、これで、重要な情報、一目で確認したい時間やスケジュールが邪魔されません。

絵文字の組み合わせ無限大。EMOJIカスタムが流行りそう

Ios16review 05

“絵文字”の壁紙を選択すると、自分の好きな絵文字を6種類まで選んで、オリジナル壁紙を作れます。例えばネズミとチーズ、例えば車、例えばクマとスイーツ…並べ方、背景の色の変更などで、組み合わせが無限大。作る人のセンスが問われそうですが、こだわり始めると止まらない楽しさがありますね。札束とリボンとか、神社の鳥居とカギとか、なんのパスワード…?的な狂気の壁紙も作れそう。

仕事中とプライベートで壁紙を使い分ける。推し活にもおすすめ

Ios16review 06

iOS 16の新機能である、このカスタマイズできるロック画面・ホーム画面の魅力は、”複数の壁紙をモードに合わせて切り替え可能”というところ。例えば仕事中は「天気」、勉強したいときは「クマノミ」、プライべートでは「絵文字」など複数作成しておき、モードに合わせて切り替えられます。

この切り替えには”集中モード”という、通知制限機能が連動しています。そもそも集中モードとは「この人から通知を受ける、でもTwitterの通知は見ない、会社からの電話は受ける、ゲームのアップデート通知こない…」などの細かい設定をiPhoneに課すもの。それが壁紙、ロック画面とタッグを組むと「天気のロック画面のときは仕事モード!!」「クマちゃんの絵文字ロック画面のときは、プライベートタイム!!」と通知の切り替えと頭の切り替えがパッとできるようになるわけですね。

プライベート用には推しの画像を設定しておき通勤で眺め、会社についたらサッと切り替える…という使い方にも良さそうです。推しじゃなくて、パートナーや、家族の写真を仕事で見せるのはちょっと恥ずかしいな、という時にも良いかもしれません。

ここからは「作ってみた」壁紙・ロック画面の一例です。

Ios16review 07 Ios16review 08 Ios16review 09

写真撮影が好きな人なら、作品をクールなロック画面にするのも楽しそう。この秋の公開が楽しみですね。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
弓月ひろみ

弓月ひろみ

ITジャーナリスト

20代でアイドルデビュー。ラジオパーソナリティやリポーター、記者として活動。ビデオジャーナリストとして、国内・海外のテクノロジー関係のイベント等を取材。iPhoneケースの専門家として「マツコの知らない世界」「中居正広のミになる図書館」「所さんのニッポンのミカタ」出演。大学時代、イベント制作に深く関わった経験から、総動員数36万人のアートイベント、iPhoneケース展ほか、企業のPRイベントのプロデュースと運営。その他、写真や映像の作品モデルとしても活動。情報伝達、表現、プロデュースの三軸で多角的に活動中。この番組ではよく喋る。

  1. おうちビールしよ!ご褒美に買っておきたいビール7選、Amazonタイムセール祭り

  2. Amazonタイムセール祭りでApple Watchが安い!今どのモデルを買うべき!?

  3. iPhone 14と14 Proの第一印象は?まだ悩んでいる人へのツイートまとめ

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP