あなたに寄り添う テックメディア

Apple

今週発売!カラフル可愛いiPad(第10世代)実機レビュー。Keyboardとのセットがオススメ

10月26日(水)に発売される、新型のiPad(第10世代)。ひと足、先に触れることができましたので、実機レビューをお届けします。

Ipad10gen re01

デザイン一新、Touch ID搭載オールスクリーンに

iPad(第10世代)は旧機種から大きくデザインを一新。9世代目までは、画面から背面にかけて、なだらかなカーブを描いていましたが、今回からiPad ProやiPad Airに似た、フラットタイプになりました。

ホームボタンもなくなり、すっきりとしたオールスクリーンデザインに変更。ただし「Touch ID」が搭載されている為、指紋認証でロック解除する仕組みは変わりません。(顔認証、Face IDは搭載していません。)

Ipad10gen re02

インカメラ(内側カメラ) の位置にも変更があります。従来モデルでは、縦位置の上部分についていましたが、今回はディスプレイの側面方向に移動しました。最近は、ビデオカンファレンスを利用することが当たり前になり、学生もオンライン授業を受講することが普通になりました。この位置の方がナチュラルな視線移動ができますよね。まさにトレンドを反映した作りです。

カラバリは4色、充電端子はUSB-Cに変更

Ipad10gen re03

カラーは4色、ブルー・ピンク・イエロー・シルバーのラインナップ。こちらはブルーです。

Ipad10gen re04

Touch IDは、バックカメラ(外側カメラ)のすぐ横についています。

Ipad10gen re05

一番大きな変更点は、充電端子がUSB-Cになったことでしょう。iPad Pro、iPad Airと同じ仕様になりました。なお、引き続き併売されている、iPad(第9世代)はLightning端子を継続しています。

Ipad10gen re06

側面には、三点リーダのような接続端子Smart Connectorが見えます。これは、オプションで購入できる純正キーボード「Magic Keyboard Folio」に接続するためのもの。

これは良すぎる!Magic Keyboard Folioが最高

Ipad10gen re07

Magic Keyboard Folioは、iPad(第10世代)のみで使える、カバー付きのキーボードです。

私はiPad初代から、愛用し続けているヘビーユーザーですが、実際このキーボードを触ってみたところ、本当に素晴らしく「何故このKeyboardがもっと早く出なかったのか…!」と言いたくなるほど。

Ipad10gen re08

装着すると、ミニパソコンといった雰囲気。ホワイトが本体カラーを引き立てます。

Ipad10gen re09

背面カバー部分は、半分が二股に分かれています。これがスタンドの役割を果たすわけですね。本体がしっかり支えられています。

Ipad10gen re11

キーボード部分と背面カバー部分は、マグネットで接着されているため、引っ張ると簡単に外れます。キーボード部分がなくても単体でiPadスタンドになるので、YouTubeなど映像コンテンツを視聴する時に最適なスタイルです。これ、このスタイルがずっと欲しかった…!!!

iPad ProのMagic Keyboardとの違いとは?

白いキーボードといえば、iPad Pro用の「Magic Keyboard」がありますが、実はこの二つ、全くの別物。

Ipad10gen re10

左がMagic Keyboard FolioをつけたiPad (第10世代)、右がMagic Keyboardを装着したiPad Proなのですが、そもそも、トラックパッドの大きさが違っていますよね。左のMagic Keyboard Folioの方が大きく、使いやすい印象です。

Ipad10gen re12

キーピッチはほとんど変わりませんが、一番上の列にMacのようなファンクションキーがついています。iPadでは初めて、純正Keyboardで音量・画面の明るさ・音楽の再生をコントロールするワンタッチボタンがついたことになります。Apple Pencilを使うので、画面に指で触りたくない、という人に嬉しい仕様です。

Ipad10gen re13

こちらは小ネタ的な要素ですが、Appleのロゴの位置も違います。左のMagic Keyboardを装着したiPad Proは、カメラのある背面カバー部にロゴが掲示されていますが、右のMagic Keyboard Folioはキーボードの裏側に掲示されています。つまり、キーボードを装着して使うと、Appleのロゴマークは下敷きになり、外からは見えません。

Ipad10gen re14

iPadを使う上でデメリットとなっていたのは、純正キーボードと組み合わせたとき、傾斜角がややきつくなってしまうことでした。Magic Keyboard Folioの場合、傾斜角が大きくなるので、タイピングが楽になり、姿勢にも無理がありません。

Ipad10gen re15

Magic Keyboard Folioの重さを測ってみました。587g。

Ipad10gen re16

本体とセットにすると、1071g。これはiPad Pro + Magic Keyboadとほぼ変わりません。

Apple Pencilは第1世代のみに対応

Ipad10gen re17

iPad(第10世代)で使えるApple Pencilは、第1世代のみ。本体とペアリング・充電するには専用のアダプターとケーブルが必要です。

Ipad10gen re18

既にApple Pencil 第1世代を持っている人で、新しいiPad(第10世代)を使いたい場合、別売りのアダプター、USB-C to Apple Pencil Adapterを購入する必要があります。

Ipad10gen re19

本体に同梱されているC to C ケーブルを本体に挿し、Apple PencilとUSB-C to Apple Pencil Adapterをつなぐと、ペアリング完了です。

Ipad10gen re20

なお、Apple Pencil 第1世代を購入した人で”Lightning メス-メス”のアダプタが入っていたな‥と思っている方、残念ながらこのケーブルでのペアリングはできませんのでご注意ください。

容量は64GBか、256GBの二択。Wi-Fi版と5Gが使用可能なWi-Fiセルラー版があり、どちらのWi-FiでもWi-Fi 6が使えます。A14 Bionic搭載で、作業スピードも速くなりました。ちょっとした動画の作成、お絵かきから、書類やプレゼンテーションの作成、発表まで難なくこなせるデバイスと言えるでしょう。特にiPad(第7世代)までを使っている人は、買い替えのタイミングと言えそうです。

動画レビューも公開中!ぜひご覧ください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
弓月ひろみ

弓月ひろみ

ITジャーナリスト

20代でアイドルデビュー。ラジオパーソナリティやリポーター、記者として活動。ビデオジャーナリストとして、国内・海外のテクノロジー関係のイベント等を取材。iPhoneケースの専門家として「マツコの知らない世界」「中居正広のミになる図書館」「所さんのニッポンのミカタ」出演。大学時代、イベント制作に深く関わった経験から、総動員数36万人のアートイベント、iPhoneケース展ほか、企業のPRイベントのプロデュースと運営。その他、写真や映像の作品モデルとしても活動。情報伝達、表現、プロデュースの三軸で多角的に活動中。この番組ではよく喋る。

  1. ダイエッターにおすすめブラックフライデーで買うべきもの

  2. 【PR】韓国のEduTechでトップシェアを誇るWITH PLUSは学習を楽しく効果的にする最適ツール

  3. Today at Appleで「デザインラボ・板坂諭に学ぶビジネスに活かせるデザインコンセプト」リポート

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP