あなたに寄り添う テックメディア

Apple

Apple、「WWDC23」を現地時間6月5日(日本時間6月6日)から開催すると発表

※記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります


Wwdc23

Appleは3月30日、現地時間2023年6月5日(日本時間6月6日)から、毎年開催しているデベロッパー向けイベント「WWDC23」を開催することを発表している。

WWDC23」は、基本オンライン形式で行われ、すべての開発者が無料で参加することができる。

期間は現地時間2023年6月5日から6月9日まで。初日の朝には基調講演が行われ、少なくともiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの次期バージョンのプレビューが行われる見込みだ。

なお、開発者と学生には、6月5日にApple Parkで開催されるスペシャルデーに参加して、世界中のオンラインで視聴する方々と一緒に基調講演とPlatforms State of the Unionを視聴する機会も提供される。

この対面イベントはスペースに制限があり、参加の申し込みに関する詳細はApple DeveloperサイトおよびApple Developerアプリケーションを確認してもらいたい。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ガジェタッチ編集部

あなたに寄り添う テックメディア・ガジェタッチ編集部です。 最新ニュースやお得な情報をお届けします。

  1. カンパーニュ、スケルトンボディの3way+LEDライト付きモバイルバッテリーのクラファンを開始

  2. Apple、「WWDC24」を現地時間6月10日(日本時間6月11日)から開催すると発表

  3. Apple、バグを修正したMac向けに「macOS Sonoma 14.4.1」リリース

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP