あなたに寄り添う テックメディア

Apple

Apple、ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートした「iPadOS 16」を発表

Wwdc22 0607 033052

Appleは現地時間6月6日に行われた「WWDC21」において、ステージマネージャと外部ディスプレイのフルサポートした「iPadOS 16」を発表しました。

共同作業がより便利に

Wwdc22 0607 033316

「iOS 16」や「macOS Ventura」と同様にメッセージの新しい機能により、ファイル、Keynote、Numbers、Pages、メモ、リマインダー、Safariなどの共同作業をすることが簡単になります。

Wwdc22 0607 033623

新しい共同作業アプリを使うと、レイアウトやページサイズを気にすることなく、ユーザーは表示、共有、共同作業のすべてを一か所で行うことができます。もちろんApple Pencilに完全対応し、リアルタイムの共同作業スペースでほかの人が行ったコンテンツの追加や編集を見ることができます。

M1チップのパワーを活用した新機能

Wwdc22 0607 034244

M1チップを搭載したiPad ProやiPad Airでは仮想メモリスワップに対応します。iPadのストレージを使用して、すべてのアプリで利用可能なメモリを最大16GBまで拡張できます。

Wwdc22 0607 034344

さらに、「macOS Ventura」に搭載される「ステージマネージャ」が「iPadOS 16」にも搭載されます。アプリとウインドウを自動的に整理し、タスク間の切り替えをすばやく簡単にできるようになります。

Wwdc22 0607 034521

また、このステージマネージャは、最大6Kの解像度を備えた外部ディスプレイのフルサポートするので、iPad上に最大4つのアプリ、外部ディスプレイに4つのアプリを表示しながら作業することができるようになります。

Wwdc22 0607 034608

そのほかにも「天気」アプリがiPadに登場するなど多くの新機能が追加されます。

「iPadOS 16」はデベロッパー向けには本日から、パブリックベータは7月、正式リリースは秋に予定されています。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リンクマン

リンクマン

ブロガー

2011年よりiPhone、MacなどApple周りを中心にあなたの欲しい・知りたいを"つなげる"ブログとして、ウェブサイト「Linkman」を立ち上げる。Linkmanでは、主観抜き、報道スタイルの記事制作がモットーだが、違ったアプローチもしてみたくなり新しいチャレンジとして「Gadgetouch」を始める。そのほかにも、動画配信サービスの立ち上げ、アイドル番組などの制作・配信現場を経験。動画や音楽、機材を中心としたフリーランスの何でも屋として活動しながら、ただひたすらに浦和レッズを愛する、東京出身の元・サッカー少年。

  1. 【Podcast】#128:今、コレ欲しい!コレ買った報告会、 Apple四半期決算とLOVOT値上げの話

  2. 【Podcast】#127:気になるテックトピックス!Anker新技術、SteelSeries発表会

  3. SteelSeries、ハイエンドヘッドセット「Arctis Nove Pro」シリーズと小型キーボード「Apex Pro mini」シリーズを発表

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP