あなたに寄り添う テックメディア

Apple

新型MacBookAir発売日のApple表参道の様子は?購入者に話を聞いた

7月15日(金)、待望の新チップM2を搭載した、新しいMacBook Airが販売開始となった。通常通り朝10時にオープンしたApple表参道で、実機の展示と、店舗に訪れた人たちの様子を取材しました。

Airomotesando 01

朝から都内は雨にもかかわらず、店頭には十数名の行列が。

表参道店には、「吊るし」と呼ばれる、いわゆるエントリーモデルの在庫がありました。(取材時の情報。現在は売り切れている場合もあります)

M2 MacBook Airの全カラーが店頭に並ぶ

Airomotesando 02

全カラーから店頭に展示されるのは今日が初めて。やはり、新色のミッドナイト(左)、スターライト(右)が注目を集めていました。

Airomotesando 03

これまでスペースグレイ(左)が黒に近い印象でしたが、ミッドナイトが登場したことで立ち位置が変わった感がありますね。

Airomotesando 04

安定のシルバー。スターライトと非常に色が似ていますが、ベージュっぽさがあるのがスターライト、青みを帯びているのがシルバーです。

Airomotesando 05

都内の大学生だと言うこちらの女性は、一番下のエントリーモデルを購入。8コアCPU、8コアGPU、8GBユニファイドメモリ、256GBのSSDでカラーはスターライトを選択したそう。

「2018年に購入したMacBook Airからの買い替えで、勉強などに使う予定です。スターライトの色が綺麗だなと思い、これを買うことにしました。」

Airomotesando 06

会社役員の野崎雅也さん(29歳)が購入したのは、8コアCPU、10コアGPU、16GBユニファイドメモリ、1TBのSSDのモデル。普段はマーケティング関係の仕事をしているそうですが、新しい部署で映像の制作が必要になり、新しいパソコンが必要だと思っていたタイミングで新型MacBook Airが出ることを知り、オープン当日に駆けつけたそうです。

「MacBook Pro(2012)からの買い替えです。映像をやるならためのマシンが必要だなと思っていたところ、新型のことを知り、周囲に勧められて購入しました。」

海外に行くことも多いそうで、バッテリーの持ちの良さも決め手となったようです。

Airomotesando 07

M2 MacBook Airは、MagSafe3対応。各色に対応したケーブルがセットになって同梱されています。左上はミッドナイト、右上がスターライト、左下がスペースグレー、右下がグレーです。見分け方はファブリック部分の編み込みの色でしょうか。こうして見ると、ミッドナイトが、かなり特別感がありますね。

M2 MacBook Airは、久しぶりのデザイン刷新で、見た目もこれまでとは大きく変わりました。オンラインではわからないその魅力が知るためにも、ぜひ店頭に足を運んで、実物を見てみることをおすすめします。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
弓月ひろみ

弓月ひろみ

ITジャーナリスト

20代でアイドルデビュー。ラジオパーソナリティやリポーター、記者として活動。ビデオジャーナリストとして、国内・海外のテクノロジー関係のイベント等を取材。iPhoneケースの専門家として「マツコの知らない世界」「中居正広のミになる図書館」「所さんのニッポンのミカタ」出演。大学時代、イベント制作に深く関わった経験から、総動員数36万人のアートイベント、iPhoneケース展ほか、企業のPRイベントのプロデュースと運営。その他、写真や映像の作品モデルとしても活動。情報伝達、表現、プロデュースの三軸で多角的に活動中。この番組ではよく喋る。

  1. ダイエッターにおすすめブラックフライデーで買うべきもの

  2. 【PR】韓国のEduTechでトップシェアを誇るWITH PLUSは学習を楽しく効果的にする最適ツール

  3. Today at Appleで「デザインラボ・板坂諭に学ぶビジネスに活かせるデザインコンセプト」リポート

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP