あなたに寄り添う テックメディア

Apple

電話が来ても切らないで!Apple WatchとiPhoneの衝突検出で119に繋がった時の対処法

Kinkyutsuhou

iPhone 14、iPhone 14 Proシリーズ、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE (第2世代)、Apple Watch Ultraには、新機能として、衝突事故検出があります。車が激しい衝撃を受けた場合に車内のデバイスが衝突事故を検出して、自動的に119番に発信してくれるので、万が一の時のために助けてくれる非常に重要な機能です。

ただ、稀に車の激しい衝突事故が起きたとき以外にもこの衝突事故検出機能が動作してしまい、意図せず119番に発信してしまう場合があります。例えば、スキーやスノーボードをやっている時に転倒した場合などに、この衝突事故検出機能が動作してしまう時があるようです。

衝突事故検出機能が動作した場合、iPhoneやApple Watchは警告音を発して、画面に警告が表示されます。この時に救急車・消防車が必要でない場合、キャンセルをタップすることで自動発信を停止することができます。(この警告音と画面は20秒表示されます)

もし、救急車などが必要ないのに自動で119番が発信された場合、電話を切らずに必ず「大丈夫です」と無事を伝えるようにしましょう。また、消防から折り返し電話が来る時があるので、その場合は必ず電話に出て救急車や消防車が必要かどうかを伝えてください。

119番通報を受けた消防機関で通報者からの内容を確認できない場合、「かけ間違い」なのか、繋がった状態で意識を失ったのかどうか判断ができません。

確認のため発信元に折り返し電話をする、または119番通報の際に共有される位置情報を基に、消防車両で向かい、倒れている人がいないかなど、通報者の捜索を行う場合があります。

間違って繋がってしまった場合も、慌てず落ち着いて対応するようにしたいですね。

消防救急無線・119番緊急通報 – 総務省消防庁

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ガジェタッチ編集部

あなたに寄り添う テックメディア・ガジェタッチ編集部です。 最新ニュースやお得な情報をお届けします。

  1. 【タイムセール祭り】ベルキン、全42製品を最大58%オフで販売中(2/5まで)

  2. Apple、2023年第1四半期(2022年10月〜12月期)の決算を発表

  3. 【タイムセール祭り】Anker、モバイルバッテリーやオーディオ、家電などが最大40%オフで販売中(2/5まで)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP