あなたに寄り添う テックメディア

YouTube

iPad第10世代とM2搭載iPad Pro 2022について弓月ひろみとリンクマンが徹底討論!【動画公開】

Ipadtaidan

10月19日の深夜、カラーバリエーションが印象的なiPad(第10世代)と、M2搭載iPad Pro(2022)がいきなり発表されました。iPadで仕事していたい弓月ひろみと、iPadはサッカー観戦端末だと断言するリンクマンが、今回の発表についてとことん語り尽くしています。

今回はスペシャルイベントは開催されず、Apple公式サイトとストアの更新のみで発表される形でしたが、やはりiPadの新製品発表ということでガジェタッチの2人のトークも盛り上がりました。

Apple Pencil(第1世代)問題

iPad(第10世代)はUSB-Cを搭載していながらも、対応するApple Pencilは第1世代のみ。充電やペアリングのために専用のアダプタが必要となるという強引とも思える解決方法には驚きでした。

リンクマンは、搭載されているコネクタやカメラユニットから推察すると、技術的にそうせざるを得ない理由があったのではないか、と語っています。

弓月ひろみは、多くの人に愛されているデバイスだからこそ改変に慎重になってしまう側面もあるのではないかと推察しています。「既存のiPadユーザーは本体を買い換えてもApple Pencilを買い替えないというのがほとんどではないか。旧世代から端末を使っているユーザーに優しい方法だと考えることもできる。」

教育現場における1人1台端末としてiPadが導入されている学校もありますが、授業のなかで動画を作ったりプレゼンテーションをしたりすることが増えていて、それに伴い端末にも高いスペックが求められることが増えているそう。今回のiPad(第10世代)は、次世代の教育体験にマッチするスペックなのかもしれません。

M2搭載 iPad Proについて

iPad Pro(2022)にはM2チップが搭載されました。価格も決して安くはなく、プロの現場で求められるハイエンドマシンという位置付けになるでしょうか。

弓月ひろみは、動画内で「事務作業やプレゼンならiPad無印で十分。プロのクリエイティブ環境をモバイルで必要とする人がiPad Proを選ぶべき」と発言しています。

Apple TV 4Kにも新モデルが登場

同じタイミングでHDR10+に対応した新型Apple TV 4Kも発表されました。Wi-Fiモデルと、Wi-Fi + Ethernet搭載のモデルの2つのラインナップ。弓月ひろみは、Wi-Fiモデルを旅先で使うのも良さそうだと、さっそく入手後の使いこなし方を思案しているようです。

動画・タイムラインはこちら

最新チップを搭載した新モデルの発表は、いつもわくわくしますね。Appleの公式動画もかっこいい!実機を触るのが楽しみです。

Apple公式 新型iPad紹介動画

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
川本ワラビー

ガジェット、調理家電、美容家電の新製品にとにかく目がない猫背の女性ライター。趣味は家電量販店巡り。たまにiPadに絵を描いたり、LINEスタンプを作ったりしながら都内に生息しているらしい。

  1. 【Podcast】#143:Amazonのブラックフライデーで欲しいもの!買うべきもの

  2. どれを買う?みんなが選んだ「ブラックフライデーでGETしたいモノ」

  3. 【Podcast】#142:結局MacかiPadか?自分なりのデバイス活用術

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP