あなたに寄り添う テックメディア

レビュー

【PR】M2 MacBook Airにジャストフィット!ただのスリーブケースではない、スタンドとしても使えるFleeveが便利すぎる

※記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります


※この記事は合同会社アイディアリアルの提供でお送りします。

台湾のレザーブランドn max nが今回、M2 MacBook Airに完全対応したスリーブケースFleeve(フリーブ)をMakuakeで独占先行販売を開始した。世界に先駆けて日本が先行発売となる。

Fleeve 01

このFleeve、ただのスリーブケースではない。シンプルなデザインながら、自由に角度調節ができるPCスタンドとしても機能する。今回先行してレビューをすることができたのでその特徴について書いてみたいと思う。

Fleeve 02

まず最初に触れたいのは素材。台湾産パイナップルヴィーガンレザーPANEXを使用している。台湾はパイナップルが名産なのは知られているが、その葉っぱを素材としているのが、このPANEXだ。

Fleeve 13

質感としては少しザラっとしているが、触っていて気持ちよく、長く使っていても飽きがこなさそうなカラー展開もいい。また、水を通さない素材なのでカジュアルに扱うことができる。何より、サスティナブルであることはとても大事なことだ。

Fleeve 03

Fleeveには本革モデルもある。こちらは上質な牛革を採用していて高級感抜群だ。革ならではの質感、そして長い時間使い続けたくなる仕上がり、耐久性は、やはりここは長年革を扱ってきたn max nの真骨頂といえるところだろう。これは実際に見ると本当に手に入れたくなる。

Fleeveの特徴はFlexibleなそのスタンド機構

そして、Fleeveという名前は、Flexible(フレキシブル)とSleeve Case(スリーブケース)を組み合わせたものだ。ポイントはFlexibleという部分。

Fleeve 04

このスリーブケース、実は折れるのだ。ケースを折るという発想はなかなかしないが、下部の部分を折ることで、この部分がスタンドになる。これによりスタンドのために余分なパーツが必要なく、分厚くなることなく、そしてデザインとしもてスタイリッシュなままスタンドとしての機構を搭載することを実現している。

Fleeve 05
Fleeve 06

角度も自由に変えることができるので、細かい調整も可能だ。個人的にこの調整機能は非常に使い勝手が良かった。カフェなどに行って仕事する場合、机の高さが一定とは限らない。ちょっと低かったり、高かったりすることもあるのだが、このFleeveであれば、その辺りを調整してある程度吸収することができるからだ。

Fleeve 07

また、この折れた部分にはプレートが入っているので、実際にタイピングをしてもしっかり安定しているのも大事なポイント。強くキーボードを叩いてもどっしりと安定しているのは安心感がある。スタンド機能がおまけでついているスリーブケースというわけではなく、スタンド機能としても十分満足できるものとなっているので、ここは期待してもらって大丈夫だ。

Fleeve 08

細かい部分を見ていくと、ケースの内側には名刺が入るカードホルダーがある。地味ながら名刺のストックを入れておいたり、交換した名刺などを入れておくことができる。

Fleeve 09

また、PCを本体に入れてカバーを閉めるとパタっとしっかり閉じられる。これは磁石によって吸着するので、持っているときにパタパタ開いたりしないようになっている。細かいところだが、こういうところの作り込みがしっかりしているのは嬉しい。

Fleeve 10

そして、冒頭にM2 MacBook Airに完全対応と書いたが、実際入れてみると本当にジャストフィットしてくれる。なかなか専用ケースがないM2 MacBook Airユーザーの人には、このフィット感だけでもおすすめしたいくらいだ。

Fleeve 11

ちなみに、僕は14インチMacBook Proユーザーでもあるが、これもピッタリ入る。M2 MacBook Airの時に比べるとややタイトだが、無理して入れてる感じではなく、しっかりはいるので安心して使ってみて欲しい。

製品のラインナップには、15インチ用のモデルも用意されていて、これは16インチMacBook Proも入る設計になっている。Macユーザーにとってはこの辺りに対応してくれているのも嬉しい。

Fleeve 12

カラーラインナップは、Fleeveヴィーガンレザーがブラック、ブラウン、ブルーの3色、Fleeve本革モデルがブラック、ブラウンの2色となる。

Fleeveの価格は以下の通り。早割価格は数量限定なので、早めに支援することをオススメしたい。

・Fleeve ヴィーガンレザー×1 販売予定価格11,000円のところ

ブラック、ブラウン、ブルー 13インチ用

超々早割25%オフ→8,250円

超早割20%オフ→8,800円

早割10%オフ→9,900円

・Fleeve 本革 ×1 販売予定価格17,000円のところ

ブラック、ブラウン 13インチ用

超々早割25%オフ→12,750円

超早割20%オフ→13,600円

早割10%オフ→15,300円

・Fleeve ヴィーガンレザー×1 販売予定価格13,000円のところ

ブラック、ブラウン、ブルー 15インチ用

超々早割25%オフ→9,750円

超早割20%オフ→10,400円

早割10%オフ→11,700円

・Fleeve 本革 ×1 販売予定価格22,000円のところ

ブラック、ブラウン 15インチ用

超々早割25%オフ→16,500円

超早割20%オフ→17,600円

早割10%オフ→19,800円

モノづくり魂を体感できる製品

このFleeve、縫製の美しさやカットの部分など、細かいところ見ればみるほどn max nのモノづくりに対する本気度がよくわかる製品になっていると個人的に強く感じる。MacBookシリーズを頻繁に持ち運ぶ人にとにかくオススメしたい。手に取った瞬間に製品のクオリティの高さに満足するはずだ。

なお、ガジェタッチでは動画でもFleeveのレビューを公開している。実際の装着感など動画の方でもぜひチェックしてもらいたい。

最後にn max nというブランドについて。
このブランドは少人数で運営しているのにも関わらず、自社で工場を持っている。ファブレス化がトレンドの昨今ではあるが、自分たちの本当に作りたいものを実現するために自社工場を持ってまで細部までこだわるモノづくり魂は、そのまま製品のクオリティに反映されている。だからこそ一度このn max nの製品を手に取ってもらってその魂を体感してもらいたいと思う。

Fleeve – makuake

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
リンクマン

リンクマン

コンテンツクリエイター

2011年よりiPhone、MacなどApple周りを中心にあなたの欲しい・知りたいを"つなげる"ブログとして、ウェブサイト「Linkman」を立ち上げる。Linkmanでは、主観抜き、報道スタイルの記事制作がモットーだが、違ったアプローチもしてみたくなり新しいチャレンジとして「Gadgetouch」を始める。そのほかにも、動画配信サービスの立ち上げ、アイドル番組などの制作・配信現場を経験。動画や音楽、機材を中心としたフリーランスの何でも屋として活動しながら、ただひたすらに浦和レッズを愛する、東京出身の元・サッカー少年。

  1. Apple表参道のToday at Apple「ワークショップ:平岡雄太に学ぼう!ノートの超整理術」に参加してきた

  2. サブスクじゃないAIレタッチソフト「Evoto」がわかりやすい!MacとWindowsに対応

  3. Apple、最高30,000円分のApple Gift Cardがもらえる初売りセール開催中(1/5まで)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP