あなたに寄り添う テックメディア

Apple

AppleとGoogleが主導して、不要なトラッキングに対して業界仕様を策定へ

Applegoogle

AppleとGoogleは5月2日、Bluetooth位置追跡デバイスを不要な追跡に使われることに対抗するため、業界仕様書を共同で提出したことを発表した。

この仕様により、Bluetooth位置追跡デバイスは、iOSおよびAndroidプラットフォームにおいて、不正な追跡の検出と警告に対応することができるようになるとのこと。

この提案に対して、Samsung、Tile、Chipolo、eufy Security、Pebblebeeも支持を表明している。

この新しい業界仕様は、AirTagの保護機能に基づいており、Googleとの協力により、iOSおよびAndroidにおける不要な追跡を防止するための重要な一歩を踏み出すことになるとしている。

なお、今回の仕様は、主要な標準化団体であるInternet Engineering Task Force(IETF)を通じて、ドラフトとして提出され、2023年末までに不要な追跡アラートの仕様の本番実装をリリースし、その後iOSおよびAndroidの将来のバージョンでサポートされる予定になっている。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ガジェタッチ編集部

あなたに寄り添う テックメディア・ガジェタッチ編集部です。 最新ニュースやお得な情報をお届けします。

  1. Apple、Apple Watch向けに史上最大のアップデートをした「watchOS 10」リリース

  2. Apple、iCloud+に新たに6TB、12TBのストレージプランの提供を開始

  3. Apple、Apple TV向けにFaceTimeが利用可能になった「tvOS 17」リリース

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

PAGE TOP